キネシオテーピング
近森整骨院/接骨院・鍼灸院 キネシオテーピング講習風景

  • キネシオテーピング 貼り方1-1
  • キネシオテーピング 貼り方1-2
  • キネシオテーピング 貼り方2-1
  • キネシオテーピング 貼り方2-2
  • キネシオテーピング 貼り方3

キネシオテーピングとは

  • キネシオテーピング 貼り方4-1
  • キネシオテーピング 貼り方4-2
  • キネシオテーピング 貼り方5
  • キネシオテーピング 貼り方6-1
  • キネシオテーピング 貼り方6-2

スポーツテーピングは、異常のある関節を固定することを目的としていますが、キネシオテーピングは、筋肉を動かすたびに皮膚や筋肉が刺激されて傷害部の痛みを、テープの伸縮性によって和らげたり、関節の動きを改善したり、皮膚と筋肉の間にすきまを作って、血液やリンパの流れを良くし、傷害部の圧迫を消す効果があります。怪我の予防やリハビリテーションにも使用されます。

キネシオテーピング

スポーツでは、ジョギング、ウォーキング、ダンス、スイミング、野球、テニス、サッカー、体操、マラソン、武道、バレーボール、ラクビー、ゴルフ等‥、で使われており、テーピングで腰痛や肩こり、神経痛といった不快感を取ります。これがキネシオが独自に研究・開発したテーピング「キネシオテーピング」です。

ママさんバレーボール大会などのスポーツの負傷予防と、再発防止のキネシオテーピングではBEFORE PLAYのテーピングをしております。
選手の87%が、試合前にテーピングをすることが調査でわかりました。ボランティアを1999年から2011年に至るまでに、累計22回行ないました。スポーツとケガについて、当院は自信を持って対応できます。どんな相談もおうけします。
使用されるキネシオテックスは、人間の筋肉とほぼ同じ伸縮性を持ち、そのテーピング効果は1980年以来世界中で実証され続けています。

当院は、キネシオテーピングを正しく、正確に貼ります。
痛みと動きを良くするために、正しいキネシオテーピング療法を行ないます。
貼り方を間違うと効果はゼロになります。
キネシオテーピングは、スポーツだけでなく、日常の体の痛みや、高齢者の膝関節などに使います。
お家に帰られても、いつまでも持続して施術効果があります。
代表は、キネシオテーピング協会の本部指導員です。
キネシオテーピング療法学会の理事もやっております。
学会への研究発表は9回になります。
キネシオテーピングの販売もしております。

その他、筋肉痛、肉離れ、鼻づまり、リュウマチ、
冷え性、外反母趾、便秘、頭痛、
ぜんそく等にも効果があります。

当院では施術の後に患部に
キネシオテーピングを行います。

痛みがとれて体の動きがスムーズになります。
薬剤や器具を使わないので、安全で効果的です。
また、テープをしたままで入浴もできます。

キネシオテーピングは誰にでも
簡単に習得できます。
テープの販売も行っており、
貼り方をお教えするセミナーも
開催しておりますので
お気軽にお問い合わせください。

また、大阪市生涯学習インストラクターバンク (TEL:06-6345-5004)でも教えてもらうことができます。
(当院の代表「近森 清」はボランティア講師です。御指名下さい。何人かのグループで申し込んでください。)